高齢者福祉活動

 

一人暮らし高齢者等給食サービス事業

一人暮らし高齢者等給食サービス事業
   
 福祉基金の利息を活用した事業として、一人暮らしの高齢者、知的障がい者や精神障がい者等で食事づくりが困難な方々に、毎月第2月曜日と最終月曜日の夕食を宅配しています。
(一食200円)
 調理担当ボランティアと職員で調理した温かいお弁当を配達担当ボランティアの協力をいただいて、安否確認を兼ねながら届けています。(該当日が祝日の場合は休みになります。)
 

一人暮らし高齢者会食サービス事業(ゆり花の集い)

一人暮らし高齢者会食サービス事業(ゆり花の集い)
 
 一人暮らしをしている高齢者の生きがいを高め、健康相談やバランスのとれた食事、仲間づくりを通じた助け合い、安否確認を目的として実施。
「食生活改善推進員協議会」「さくらの船の会」「矢巾町母子寡婦福祉協会」「千成りの会」「食ボラ工房菜々彩」の5団体からボランティア協力を仰ぎ、毎回手作りの食事を提供いただき、共に会食を通してコミュニケーションを図りながら、ネットワークの形成を図っています。
 また、月ごとに舞踊鑑賞、映画会、おやつ作り、ゲームを兼ねた体操を行い、生きがいと健康づくりに取り組んでいます。さらに保育園児や児童館の子供たちとの交流事業も実施しています。
 

一人暮らし高齢者福祉おつかいサービス事業

一人暮らし高齢者福祉おつかいサービス事業
 
 自家用車の運転ができない高齢者等世帯で、近くにスーパーがなく、買い物に苦労している方々を支援するため、自宅からショッピングセンターへ送迎するサービスを町内の社会福祉法人等と協同で行っています。(毎月第1火曜日の午前中)
 

一人暮らし高齢者外出事業

一人暮らし高齢者外出事業
 
 一人で生活している高齢者の生きがいを高めるとともに仲間づくりを図る。
 参加者が高齢でもあるため、遠距離は控え、負担にならないよう支援しています。
 

ねたきり高齢者理容サービス事業

ねたきり高齢者理容サービス事業
 
 在宅で寝たきりの高齢者の衛生と心の健康を図るとともに、介護者の負担を軽減するため、町内理容店の協力を得て、訪問による理容サービスを実施しています。
 対象者は車いすでの移動も困難で、理容店まで連れて行けない方です。
(年間3枚の理容券を交付)
 

救急医療情報キットの配布

救急医療情報キットの配布
 
 一人暮らしの高齢者や障がいを持った方々が、かかりつけの病院や常用している薬の情報、いざという時にどこの誰に連絡をしたらよいかなどの情報を各自で所定の用紙に記入し、筒状の容器に入れて冷蔵庫に保管するもので、救急隊員などが駆けつけた時に、これらの情報が有効に役立つことから、高齢者等の安心感へとつながります。
 
         申請は 矢巾町社会福祉協議会または      
             矢巾町福祉・子ども課 福祉係
 

いわて“おげんき”みまもりシステム事業

いわて“おげんき”みまもりシステム事業
 
 一人暮らしの方が一日1回指定の電話番号に電話をかけるシステムで、その電話は自動的にメールに変わり、すぐに社会福祉協議会のパソコンにメールで送信され、同時に社協職員の携帯電話、あらかじめ登録していただいた親族にもメールで情報が伝わります。
 電話の問いに「元気で変わりないときはプッシュボタンの①」
「少し具合が悪いときは②」を押すとメールで連絡が送られます。
 「具合がわるい」と発信されたり、夕方まで待っても発信がないときは、地域の民生委員や近くの協力者に訪問していただいたり、社協職員が電話や直接訪問して安否を確認するもので、本人や離れて暮らす家族の安心につながっています。
   
( 256KB )
 

生きいき教室事業

生きいき教室事業
 
 高齢者の社会参加意欲を高め、健康で生きがいのある生活を送っていただくための事業。
 講師の指導を仰ぎながら、皆さん生きいきとした笑顔で、生きがいづくりと健康促進を図っています。
①シルバーカラオケ教室(毎月1回)
②男の料理教室(年3回)
③健康づくりウォーキング
 

高齢者健康づくり・社会参加・生きがい推進活動

高齢者健康づくり・社会参加・生きがい推進活動
 
 高齢者の健康づくりや社会参加を応援し、生きいきとした社会を形成するため、老人クラブ連合会と協力して実施。
①老人クラブいきいきシルバースポーツ大会
②老人クラブ交流マレットゴルフ大会
③老人クラブ対抗輪投げ大会
④岩手紫波地区老人芸能大会
⑤老人クラブリーダー研修会 等
<<社会福祉法人矢巾町社会福祉協議会>> 〒028-3615 岩手県紫波郡矢巾町大字南矢幅14-78 TEL:019-611-2840 FAX:019-697-8967