本文へ移動

ボランティア活動関係

ジュニアボランティア探検隊

 町内の小学生が社会福祉・ボランティア活動の重要性について体験を通じて理解を深めるため、ジュニアボランティア探検隊を実施。
 毎年4回にわたり、ボランティア活動がどうして必要なのか、障がいを持つ人たちにどんな援助ができるかなど、自分たちにできるボランティア活動について楽しく学びあっています。
 特に9月に行われる矢巾町ふれあい広場での「きっずフリーマーケット」では、地域の障がい者とふれあい、売上の全てを東日本大震災や全国の自然災害被災地に贈り、社会貢献活動意義の理解を深めています。

小学校福祉学習

 小学生が日常生活で、自然に障がい者や高齢者のためにお手伝いができるよう、各学校と協力してキャップハンディ体験(福祉学習会)を実施。
 白杖を使用しての目かくし歩行や点字学習、車いす介助などを体験し、視聴覚障がい者や車いす使用者の日頃の大変さを学び、障がいに対する理解を深めると同時にバリアフリーの大切さも実感しています。

ボランティア塾活動

 ボランティア塾修了者を中心に地域でのボランティア活動に取り組んでいます。
①一人暮らし老人の集い
②町内福祉施設でのボランティア

東日本大震災支援活動

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災被災者支援のための活動先等の連絡調整や同行支援に取り組んでいます。
花植え交流等)
社会福祉法人
矢巾町社会福祉協議会
〒028-3615
岩手県紫波郡矢巾町
   大字南矢幅14-78
TEL.019-611-2840
FAX.019-697-8967
TOPへ戻る